演劇で出来ること

代表の想い

理念

長崎を考え協力し貢献する

ビジョン

才能あふれる街づくり

ミッション

演劇で社会貢献

1.街づくり
社会問題の啓発や街の情報など、地域貢献を意識した演劇作品を、自治体や様々な団体と協力し、そして市民が参加できる形で創作上演しています。
2.福祉教育
演劇を活用して、福祉教育の現場で様々な活動を行っています。
3.タレント育成と活動応援
才能を活かしたタレント活動のお手伝いを致します。
エヌケースリードリームプロは、演劇を主とした事業を行っていますので、そこに参加すること様々な才能が身につきます。その身についた才能が、映像、ラジオ、イベント、などの現場で活かされています。

代表の想い

代表 渡邉 享介

エヌケースリードリームプロ.代表
私どもは、演劇で社会貢献活動を行っている団体です。
その理由は2つ、長崎にもっと芸術に触れることができる環境を増やすこと。そして、地域芸術家の活動の場を増やすこと。です。

芸術に触れる環境は絶対に必要です。芸術は、センス(様々な感覚)を育てます。そして、そのセンスが、人生のいろいろな場面でいかされます。しかし、地方では、本物の芸術に、ふれる機会があまり無いのも実際のところです。なんとかしなければいけません。そこは、地域の芸術家が補えばよいと考えます。私たちは、もともと長崎で活動する演劇人(芸術家)です。

演劇は総合芸術ですから、いろんな芸術に触れることができる利点もあります。ただ、残念ながら、我々地域芸術家の活動には、あまり興味を持ってはいただけません。ならば、興味を持っていただく工夫が必要だと考えました。結果、地域に必要とされる芸術活動です。地域を考え、そして地域の人々が参加できる芸術です。演劇で社会貢献活動を行えば、芸術にふれることができる環境と、我々地域芸術家の活動の場を、同時に増やすことができます。地域と芸術のコラボレーションで相乗効果を図ります。

エヌケースリードリームプロ   代表 渡邉 享介

//終了タグ