演劇で出来ること

福祉教育

演劇を活用して、福祉教育の現場で様々な活動を行っています。

コミュニケーション能力向上

コミュニケーション能力向上

演劇を活用して、コミュニケーション能力向上の講座の開催、講師派遣を行っています。
「コミュニケーションセミナー」就活支援団体、「演劇から学ぶ伝わるプレゼン」長崎県、「演劇から学ぶ接客術」長崎県、「英語でおもてなし講座」長崎市、「優しい話し方講座」諌早市、他…

健全育成

健全育成

演劇を活用して、コミュニケーション能力向上の講座の開催、講師派遣を行っています。

「子ども劇団ホーリーゴースト」
長崎市、諫早市、西彼長与町にて運営しています。劇団員随時募集中です。

「夏休み子ども市民参加型演劇公演」
夏休み、小中高校生を対象に出演者を募集し、劇を創作上演しています。

認知症予防

認知症予防

演劇が、全国的に認知症予防や治療(視覚と聴覚と身体感覚を使う脳の老化ケアや情動療法)として注目され、取り入れられています。

演技のプロセス(インプロ:視覚と聴覚と身体感覚を使う) を活用し脳(認知機能)の活性化へつながるトレーニングを行います。また、寸劇を繰り返し上演し、脳(情動機能)へのよい刺激を与え、認知症予防へとつなげます。
「笑って笑って笑顔塾」東彼杵郡川棚町、ショートステイ・デイサービス富士山、他

//終了タグ